校長写真.jpg 本校は、1984年(昭和59年)に設立された「普通科・情報科・体育科」の3学科からなる「学科総合型」高校です。(設立時は4学科) 「生徒一人ひとりの個性を伸ばしつつ、知・徳・体の調和のとれた人物を育てる」ことを目標に、「3学科のそれぞれの特色を活かして」「3学科が一体となった学校の特色を活かして」、生徒一人ひとりを育てることに取り組んでいます。

 生徒たちは、“風光る 汗光る 夢光る”を合い言葉に、勉学・学校行事・部活動に積極的に取り組み、充実した高校生活を送っています。
 私たち教職員も、進学・資格取得・部活動等の指導を通じて、『高い志を持ち、その実現に向かって努力する生徒たち』をサポートし、ともにチャレンジしています。

 生徒の成長と活躍を願い挨拶とします。玉野光南高校をよろしくお願いいたします。

岡山県立玉野光南高等学校長 萓野 岳史                                 平成29年5月

kokun.jpg
自律
創造
敬愛




知・徳・体の調和のとれた心身ともに健康な人物を育てる




「生徒一人ひとりの個性を最大限に伸ばす」を基本理念に、生徒の自己実現を支援し、社会で活躍できる有為な人材を育成する。




学科総合型高等学校の特色を活かし、基本理念を実現し、生徒や保護者の教育的ニーズに応えるべく、生徒の夢の実現のために挑戦を続ける。




学校
・文武両道を実践する学校
・地域の教育資源を教育活動に取り入れる学校
・情報発信を進める開かれた学校
生徒
・学校生活に主体的・積極的に取り組む生徒
・自己実現に向けて自らの将来像を描ける生徒
・人権や個性を尊重した行動ができる生徒
教員
・学習指導の改善に取り組む教員
・生徒の個性を大切にし自己実現を支援する教員
・組織とチームワークを重視し協働で取り組む教員




( 1 ) 中期的目標( 3年間)

① 意識改革
:新教育課程・高大接続改革等、これからの変化に対応できるよう自己研鑽を進める


② 校内改革
:生徒減少等の今後の社会変化に対応できる仕組みを考え、校内体制の改善を進める


③ 開かれた学校
:情報発信を進めるとともに、キャリア意識向上をめざして校外と結びついた生徒の活動を展開する


④ 新たな挑戦
:従来の取組・前年度の新規取組の充実を図り、今後、必要性が高まる新たな取組の実現に取り組む


( 2 ) 今年度の重点目標と講ずべき対策

① これから求められる学力観の理解に基づいた実践的な対応の取組を進める
グループ研修を中心に、授業公開・OJT等を進め、指導力向上を図る


② これからの変化に対応できるしくみ作りを進め、併せて組織の活性化を図る
分掌改革・内規改定を中心に、組織改革を進め、新たな校内体制を作る


③ 各科の特性を踏まえた校内外での生徒の活動充実に取り組む
フィールドワーク、各科発表会、小高連携等の取組をよりよいものとする
各取組を公開し、生徒の意識向上・地域連携の充実・活動の改善に結びつける
教育用クラウド活用法・プログラミング教育等の新たな内容への研究・対応を進める


④ 外部の活力を効果的に活用できる体制を作る
大塚製薬との協定、ドリームマップ事業、地元企業等との連携等の具体化と充実を図り、生徒への還元を進める

ページの先頭へ