進路について

進路指導の目標と方針

 個々の生徒が進路実現できる実践力を育成する。

・教育活動全体を通じて,計画的・継続的・組織的に指導する。
・必要に応じて,課・科・年次の枠を超え,全教職員が協力して指導する。
・各学科の特性を生かした取り組みも重視する。

一人ひとりの進路希望の実現を100%支援する指導体制

普通科  進路

進学ほぼ100%「光南普通科」の生徒の進路は、ほぼ100パーセントの人が進学しています。そして、そのうちの9割以上が大学への進学です。
受験は推薦入試制度を利用する生徒もいますが、ほとんどの生徒は、1月に行われる「大学入試センター試験」を受けた後に、1~2月に私立大学の一般入試を受験し、さらに2月下旬から3月にかけて、国公立大学の一般2次試験を受験していきます。
したがって、大学合格を手にするまで、1年次から強い精神力による安定した生活習慣と継続的な学習が必要となります。
希望する進路に進むためには、学校での授業や予習・復習・宿題を大切にすることと、実力考査や模擬試験・「スタディサポート」(学習定着度テスト)をしっかりと受けて、苦手科目や分野を作らないように自主的に勉強していくことが、なによりも重要になってきます。

文武両道・伸びやか・はつらつ
「光南普通科」の卒業生たちは、志望校への強い合格意識と「文武両道」によって培われた精神力・バランス感覚をもって学校生活を送り、国公立大学や難関私立大学への合格という成果を残しています。
岡山市内や倉敷市内にある普通科のみの進学校とは異なる“伸びやかな環境やのびのびとした校風”のなかで過ごしながら、情報科や体育科の生徒とともに競い合い、刺激し合いながら、はつらつとした積極性や自主性を発揮して、多くの優れた実績を残していることが自慢のひとつです。
これからも生徒一人ひとりの個性を大事にしながら、それぞれの夢の実現のために、「光南普通科」を教員一同、一生懸命指導しサポートしていきます。

情報科 進路

情報科の生徒の進路としては、9割以上が「進学」しています。そして、その受験スタイルのほとんどが「推薦入試」という形です。したがって、希望する進路に進むためには、1年次から学校生活を大切にすることと、プラスαとして「資格検定」の取得がなによりも重要になってきます。
情報科の卒業生たちは、強い目的意識をもって学校生活を送り、資格検定に対しても本当によく頑張りました。その結果、本年度も国公立大学合格、難関私立大学合格など多数の実績を残しています。また、就職という進路選択をする生徒も、自分の夢のために多大な努力をし、実現してきました。
これからも生徒一人ひとりの夢実現のために、玉野光南高校情報科は全力でサポートしていきます。

体育科 進路

卒業生は、約6割弱が体育系(スポーツ・健康など)や社会科学系などの4年制大学へ進学し、体育教員や公務員やスポーツインストラクターをはじめ、一般の民間企業へ就職する卒業生もあり、その中には、専門科目の競技力を活かした進学や就職も含まれ、プロスポーツや実業団でも活躍しています。

卒業生の進路
ページ上部へ戻る